Cookie's Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS たまには 悪いこともあるわね〜 ピエモンテ、アルバにて

<<   作成日時 : 2010/05/13 13:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

タイに戻りました。。 帰ってきたら 暑すぎ!!この暑さに びっくり。 現在タイは 異常なる暑さ、サムイ島もお水が ないらしくて 断水する日が 増えてきてるのです。断水してるので 貯水タンクのないホテルなど、お水を 外から 買わなきゃならないのですが、 そのお水(ただ 人工池に雨水を 貯めているだけ)も 底をついてきてるとか。。。一体どうするんでしょうね。。 話は 変わりますが、イタリアに行くと 楽しく おいしく旅行(事件もありますが) してたのですが、 今回の最悪のイタリア事件です??
たいしたことないけどね。。。
まず タイに住んでるアメリカ人の友達が 勧めてくれたレストラン。

画像




アルバの町にあって、 それでもって 友達のお薦めプラス ミッシェランガイドにも お勧めとして
のっているというレストランに行ってきました。
すべては 宿泊してるホテルで フロントが レストラン予約してくれるんで
レストラン側も ホテルからということなんで 大概は 私たちに対して 扱いは
丁寧なんですけど
ここ。 ここは 別なようです。
Osteria Dell’ Arco

玄関を 入って 
”予約した xxxホテルから きた Cookieですけど”
っていったら 禿げてる親父が

”予約?? なんちゅう名前? そんな名前 ない。。”

”では 予約 ホテル名で 入ってません??”

”そんなん ない!”


そこで 数秒 凍りついたような沈黙。。。。

で 私が 
”でも ホテルが 予約したはずなんですけど。。。”

ほぼ 追い返されそうな 雰囲気が 漂っていたのでした。。。

大魔神が 
”じゃ〜 他にいこう??
満席なんでしょう??”

そこで 禿げ親父が
いや 満席じゃないから


だったら 私たち どうしろっと???

そこで 数秒 また つめた〜い風が吹いたのです。。。。

で 禿げ親父 じゃ〜 こちらに どうぞって
席を 案内し始めたのです。。。
ちょっと 雰囲気 よくないじゃないの????

画像


とま〜 
変な雰囲気も 飛ばして お料理を 頼むことにいたしました。

画像




ワインリストは フェアなお値段だそうですー大魔神の意見。

バローロ MARCHESI DE BAROLO 1999
マケーシ家のワインだったのですが、 
一番最初にバローロを作り始めたという家族、もちろん フランス人の家族ですけど、
子孫は 絶えて ピエモンテ州が 手厚くワインを作っていたのが
手に負えなくて バローロの町の家族に が 売ったという ワインです。)


大魔神は タヤリン(ピエモンテ弁で エッグパスタのこと)
私は ちょっと どこに行っても タヤリンちゅうのに
飽きてきたので ただ今 旬のアスパラガスを 頼みました。


で メインを 2人とも ヴィールのバローロ煮込みを 頼みました。

画像



塩辛くて それでもって 肉が 悪いんだと思うんですが
煮込み不足なのか 肉が チューイ(かみかみしても 固い??)
私も 大魔神も 食べられず 半分以上残してしまいました。

はっきり言って そんな インパクトもなく
おいしいとも いえない、それで もって 普通なんだと思うんですが、
あとで見てみたら
日本にガイドブックにも このレストラン
Osteria dell’ Arco 
はずれなしと のってました。

私たちはずれっぱなしじゃんかよ〜〜

ちょっと 晩も 早かったので 新しくできてた
日本料理屋さんが メインストリートにも 看板が でてたので
そこで お酒でも飲みましょうかと 
日本料理 HATSUに 入ったら
まず 英語も 喋れず、 
大魔神が 日本人だから 日本語で 喋ったらっていうから

日本語で
お酒だけ 飲みたいのですけど。。。
って いったら
えらく 剣幕!
なんで 怒るの??

そう 日本語が まったく通じず
広東語も 通じず マンダリン(北京語)も 通じず

それに 気に食わないのか
えらい怒ってる!!
ひえ〜〜
こわ〜〜

日本料理屋さんで 怖い目に会ったのでした。。
あれ
いったい
なんなんでしょう??

イタリアでも日本料理が 流行っているから 
他のアジア人が 日本料理を だしてる。。。

私は、 しゃべれないけど タイ語 なら わかる。。いっつも 聞いてるからね。
マレーシアも インドネシアも 韓国語も 他のアジアの国の語学は
何かぐらいは キャセイで働いていたから わかる!!
あれ
思うに ベトナム人かと。。。
(キャセイでは なぜか ベトナム人のクルーが いない!)

ちょっと 散々な晩でした。

で たしか あそこにあったという ワインバーにでもと思って
っていったら 
あら お友達が 飲んでるじゃありませんか??
昼間 なが〜〜い昼食を したばかりの友達で 
偶然 会うなんて〜〜

Osteria dell' arcoの話をいったら 地元の人も
15年ぐらい 行ってないな〜〜とおしゃってました。
もちろん 地元のお客さんも多かったけれど 私たちには
不快感のあるオスリアでした。

ワインも飲み 
おもろい晩となりました!!

あまりお勧めじゃない
Osteria dell' Arco
Piazza Savona 5 12051 Alba (cn)
tel: 0173 363974

あと 問題の日本食
Hatsu
アルバのメインストリートから ちょっと はいったところ。。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
悪いことが重なることってありますよね。
ベトナム(?)の人が出している日本料理屋、どんな献立なんでしょう。日本料理を知らない人はそれが本物だと思ってしまうんでしょうね。なんだかなぁ〜
タイは猛暑ですか。暑いのに断水はきついですね。こちらは今日は北風が吹いて寒いです。山形の蔵王では雪が降ったそうな・・これもなんだかなぁ〜
ノア
2010/05/13 20:57
大変長らくのご無沙汰で〜〜〜 相変わらず面白いcookie'sブログですね  最近は日本料理と言いながら 全く日本料理になってないお店があるそうで・・ そんなんで外国の方々に「日本料理ってマズ〜〜イ!」って思われたくないねぇ。   それにしてもお店のオーナーは何処の国の人??  
マックママ
2010/05/13 21:34
おもろい夜でしたね(笑)。こういうのって日本人の感性には合わないですよね。外国人は平気なんでしょうけど。予約が通ってないってのもホテルの責任でしょう。まあ、所詮イタリアなんてそんなものですよ(笑)。
ヒゲおやじ
2010/05/13 23:22
cookieさん、ついていない日ってありますよね。でも、最後の偶然お友達に会えたのはついてましたよね、それで救われたというか、最終的には楽しいひとときを過ごされて、気持ち良く一日の終わりを迎えられて良かったです。
noodle
2010/05/14 18:06
ノアさん
そのようです。 ランチも 最初行こうと思っていたところは、定休日で いけなくて 違うところに行きました。と日の初めから そんなかんじだったようです。日本料理を知らない人は そうやって 日本食って あんな感じだと思われると むかつきますし、 日本人じゃなくて どっか他のアジア人に これが 日本人の態度かと 思われると むかつきません??
そう 暑いのに 断水って シャワーも トイレも使えないんですよ!
うちは ラッキーにも タンクあるから よかった。
cookie
2010/05/14 22:40
マックママさん
体のほう 大丈夫ですか??
そうでしょう?? それに あの態度! サービスが いい日本で あんなことされて あの人たちが 日本人だと 他の外人に思われるのも むかつく。 イタリア人には 日本は わからない人もいるからね。 中国の一部??なんて いわれた〜〜。
cookie
2010/05/14 22:43
ひげおやじさん
いえいえ ホテルは 常連のホテルなんで 完璧に 予約は されてるはずです。(プチホテルで フロントのスタッフが 2人しか いないので)
タイと違って スタッフは ず〜〜と同じ人だし 笑
多分 レストラン側が 書き込まなかっただけかと思うんですけどね。
cookie
2010/05/14 22:54
doodleさん
Not My Day!って 確かにありますよね〜。 毎日 同じ作業してても 今日は どこか 輪車が 絡まっているっていう日、たまに あります。
いや〜 びっくりですよ。 偶然 バーで 友達にあうなんて。。
cookie
2010/05/15 16:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
たまには 悪いこともあるわね〜 ピエモンテ、アルバにて Cookie's Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる