Cookie's Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS トリノ キリストの聖骸布(ピエモンテ) イタリア8日目

<<   作成日時 : 2010/05/23 12:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

友達に偶然あった晩に、 トリノに行くのなら ぜひ 聖骸布を 見に行ってくださいと いわれて
なんじゃらほい??と思って よく聞いてみたら キリストの亡骸を 包んだと言われてる布が 展示されているとのこと。 それも 一般公開は 10年に 一度 約1か月しか 展示してないとのこと!
そりゃ みにいかなきゃ〜ね!!

画像




って 見に行くわけないでしょう??といえば ちょっと 拍子が ぬける??

いや こっちが 腰ぬけそうなほどの 長蛇の列。
いくら 偶然にトリノにいったといえ、並んで 何時間も
待ってられない!!
 
ええ 10年後にでも 
また 見に行きますよ!
と啖呵を きりたいぐらい
凄いひとに 
人だけじゃない、大型バスも 並んでる!
どうりで なんか 年寄りに 車いすの人が 異常に多いな〜〜とおもっていたら
やっぱり キリストの姿が みれるとみて
奇跡?? しぬ前に 一度
拝みたいと 思うんでしょうね??

どんなものかというと

画像


友達から すすめられたこの聖骸布。
他の人は 一人は 科学者 彼は この布を ほんものだと 主張。
もう一人は そんなわけないだろ〜〜
本当に キリストを つつんだというのなら 顔が あんな平坦に なるわけない
包んでるのだから 布を とけば もっと いびつな、顔が もっと大きく
影となってるはず!!

科学者が 布を 本物だと信じてるところが おもしろい。。
物理的には 確かに 立体的につつんでいるのだから
平らに すると もっと いびつに なってるはず。

画像



本物か どうか いろいろDNAとかで 調査したらしいのですが、
キリスト教の信者たちにとれば 本物と 信じたいんでしょうね。

私は お土産屋さんで マグネットだけ買って、
さっさっと 退散しましした。

(夢が ないな〜〜〜)

追記: 一番下の写真、 大聖堂とシンドーネ礼拝堂にて公開されてました。
最後に公開されたのは、2000年、このときは 100万人の礼拝者が 訪れたそうです。
2010年は 何人 訪れたんでしょうね??





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜 やっぱりキリスト教徒は熱心やねぇ 知ってる? 何年か前トーストを焼いたら、そこにキリストの顔に見える焼けコゲが出来て、それがなんと日本円で数百万?数千万?の値段が付いたって!! 笑ったわ・・
マックママ
2010/05/23 23:24
cookieさんはクリスチャンではないのですね?
でも大魔神さんはキリスト者でしょう?
私はキリスト系の学校を出たので、それなりの勉強はしましたが、いまでも神の存在は信じられません。
あっ、仏像を見に行ったりしますが、仏も信じていません。
カンツォーネ
2010/05/24 21:05
おはようございます♪
トリノに行かれたんですね〜。
いいな〜♪
その布、TVで見たことあります。
本物かどうかわからないけど
キリスト教徒の方々にとっては
すごいものなのでしょうね♪
プチラパン
2010/05/25 08:36
マックママさん
それって 日本で 起こった出来事ですか?・ そんなわけないか?? 日本人で キリストに そんなお金 払わないですよね。 パンも かびるっちゅのにね。
cookie
2010/05/25 12:21
カンツォーネさん
私は、クリスチャンでは ないです。 大魔神は 一応、洗礼を 子供のころに受けたらしいですけど、いまや 仏教ですよ。
イギリスヘンリー5世の番組みたのですけど、 やっぱり 宗教がなんやかんやと 政治に ちゃちゃいれるのは いかんね〜!と 思いました。
なんか 話 ずれておりますが。 笑

cookie
2010/05/25 12:28
プチラパンさん
はい また トリノに〜〜。 
ね〜。 信じたいけど、そんな2000年以上の布が どうして イタリアに??って 根本的に思っちゃう。。
夢ないですよね。でも あの典型的な顔をいい、 話では キリストは 黒人っていう話も あるぐらいですので、そんなこと 絶対キリスト教の人たち 考えられんでしょうね。。。
cookie
2010/05/26 19:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
トリノ キリストの聖骸布(ピエモンテ) イタリア8日目 Cookie's Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる