Cookie's Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS Wine tour  ワインめぐり 

<<   作成日時 : 2008/01/09 15:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

前回も 話したことですが 今回は ワインの再確認 再発見の旅行!!
イタリアワインと言えば ガヤそして アンティノリだけじゃないです。
頭を どつかれたような ワインです。Barolo Bartolo Mascarello
画像


イタリアワインと言えば ガヤが 一番だと鵜呑みにしていた私。。。
確かに ガヤのワインは 素晴らしい。
フランススタイルのワインを導入したのは ガヤで イタリアワインを 世界に 有名にしたのも
ガヤさんのおかげ
しかし 昔ながらのイタリアワインは どうなるの??
フランスのワインスタイルになって 皆が 飲むように なったのは 確かですが
イタリア人には イタリアのプライドが あるというもの。
ここのワインは 昔ながらのワインの作り方で
道具も 昔のまま
でも ワインは 最高 こんなおいしいイタリアワイン あるんだと 思いました。

いいぶどうしか 使わず そして 生産量も 少なく
決して 金儲けに 落ちぶらないプライドというのを 持ってるのが ここ!!
実際に どうして 古いワインを 置いて あとで 売ればいいのに
と言ったら まったく興味が ないと言われました。

画像


はっきりいいましょう!!
新しいワイン(フランススタイル)と伝統的なイタリアスタイルワインと
けんかしているような 状態です。
私は 今回 他のレストランで ガヤを 飲んだのですが 何を 飲んでも やはり
フランスワインと変わらずで ワイン的には いいのでしょうが
イタリアワインらしくないというのが 私の感想です。

画像

巨匠のマスカレッロさんは 他界なさったのですが 今は 娘さんが 継いで 伝統なる作り方を そのまま 継続なさってます。。
葡萄を絞るのも この古い機械のまんま

画像

古いワイン1968年のリザーバ マグナムのクオリテイーを 調べてます。。
こちら 私たち お買い上げ!!旦那の誕生日のプレゼント
誕生日パーティーに 開ける予定です。
Bartolo Mascarello
Via Roma 、15  12060 Barolo
Tel  017356125

ピエモンテの偉大な4大職人たち
ジャコモ コンテルノ社 ジャコモ氏(故人)=クリックして
バルト マスカレッロ (故人) 今回紹介のワイン
ブルーノ ジャコーザ ババレスコの伝統主義
アンジェロ ガヤ 新しい試みでピエモンテワインを世界的に有名にした。
ジュリアーノ ノエ バルベーラの職人(バルベール種。タンニンが 穏やか)

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Bartolo Mascarello ワインめぐり
また ワインめぐりに 行って来ました。 前回も 行った ところなんですが なんせ 今の旦那は、 昔ながらの伝統イタリアワインに凝ってまして 彼曰く 毎年 まったく違った味が 好きなそうです。 実際 伝統的な作り手さんと 新しい改革 作り手さんとは あまり 仲が よくないそうで。。 コレクターにも 何人か 会ったのですが どっちが 好きだ??と よく聞かれました。。 もちろん 伝統的のほうって 言ったら にこ〜〜って!!笑顔で返事 ...続きを見る
cookie's diary
2008/05/20 09:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
マスカレッロさんが描かれた絵の付いたバローロ欲しくて憧れてました。
実際に行けるなんて羨ましいです。
日ごろは色々飲みますが、バローロは自分的にお宝ワインを少しずつ揃えています。
イタリアワインの記事これからも楽しみにしてます。
koichi
2008/01/09 21:12
koichi様 コメント 有難うございます。ワインは どうしてもフランスが 有名でイタリアワインを飲む方は 少ないと思います。。それで どうしてもイタリアワインの美味しさを 知っていただけたらと自己満足で書いてましたので 今回のコメントは 本当にうれしいです。うちも バローロ集めてるのですが なんせ家にのんべ〜が 一匹(笑)いてるので
いつまで 持つやら〜でもこのマスカレッロは 30年持たすために 努力なさってるワイン。。いつまでも キープしときたいな〜。
これからも応援よろしくお願いします!
cookie
2008/01/09 21:42
cookieさん貴重な写真、、嬉しいです。
昔ながらの製法というのは本当になくなりましたね。
皆ステンレスタンクでコンピューターで管理、どこのワイン蔵をみても同じ、、でも最後に試飲出来るので、、同じ説明でもがんばって聞くことに、、
ラチャウでも飲んだのね。見逃していました。今回は桐箱??
前回は天ぷら籠でした。夜、道迷いませんでしたか?
あの日本人の男性まだいらっしゃっいましたか?
madame okami
2008/01/10 01:35
madame okami様 いてましたよ〜 奥さんが イタリアに来るらしい。。それで イタリアに残るかどうか 決めるって。。イタリアは いいとこやけど 住むとなればね〜 なんかしないと しょうもないやろしね。。
日本人もシェフだけのような 気がする。。。 イタリア人の友達つくるか。。イタリア語を 習うとか。。
そう こちらは ほんと 古い方法で 変に 感動してしまいました。
がんばってほしいものですよね〜 
cookie
2008/01/10 14:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
Wine tour  ワインめぐり  Cookie's Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる